FX投資で儲けるにはどうしたらいいか

FX投資をするすべての方が考えることでしょう。
ただしこの問いへの明確な答えは、残念ながらありません。

ですが、儲けるコツをあえて挙げるならば、それは「負けないようにすること」と言えるでしょう。

「そんなこと当たり前だ。誰だって負けないように努力している」
そう思われましたか?

ですが、本当でしょうか?
「勝つためには“負け”を減らせばいい」は当たり前のこと。
とはいえ、その当たり前のことを実践するのは意外と難しいものなのです!

皆さんにも、大きな利益を狙って無謀な取引をして損を生んだ経験や、損失を取り戻そうと焦って取引をして更に損を大きくしてしまった経験はありませんか?
事実、実に多くの方が、こうして「負けを避けること」に失敗し、損をされています。

だからこそ、今一度ここで「負けない」ということを、改めて意識していただきたいのです。

負けを減らす努力こそ、儲ける秘策!
では、負けを減らすためには具体的に何を意識したらいいのでしょう?

その答えは「冷静かつ堅実な取引」をすること。
無謀な取引・焦った状態での取引を避けてこそ、負け・リスクを極力回避でき、FX投資で勝つことができるのです。

では、ここからは「冷静かつ堅実な取引」をするために気をつけるべきポイントを見ていきましょう。

●ポジションサイズ(運用資金)

大きな資金を投資すれば、それだけ大きな利益が狙えます。
しかし、ひとつの投資に全財産を投入したり、投資のために借入をしたりしてまで投資資金を増やすのはオススメできません。
なぜなら、生活が安定していてこそ、冷静に安定した精神状態で取引ができるから!
生活に不安を抱えながらの投資が良い結果を生むことはまずないのです。投資は、できるかぎり“冷静に取り扱える範囲の資金”で行うよう心がけましょう。


●レバレッジ

FXでは、レバレッジを活用することでポジションサイズをあげることができます。
ただしこれは諸刃の剣。ポジションを大きくするほど大きな利益が狙える反面、損失リスクも大きくなるのです。
どの程度のレバレッジが適切かということは一概に言えませんが、「リスク・負けを減らす」ためには、不用意にレバレッジを高く設定するのを避け、“万一投資に失敗したとしても自力でその損失をカバーできる範囲内”での運用を心がけるのがコツ。もちろん、自信があるときには高レバレッジで勝負に出るのもひとつですが、不用意に大きなリスクを負わないことが、平常心を保ち冷静に取引を進めるうえで大切なのです。


●トレンド(相場の方向性)

FXでは、「トレンド」をつかみ「タイミング」を外さず投資することが大切です。
なかでも、しっかりとトレンドを見極めることが重要。トレンドの向きを掴むこと、また転換点をいちはやく捉えて対処することが、「負けの回避」につながります。
そのために、チャートなどを活用して相場のトレンドに気を配り、(目先の値動きに一喜一憂するよりも)冷静に相場の大きな流れを掴むことに努めましょう。